演劇ユニット銀河工房

第一回公演「まじない銀杏の木の下で」


第一回公演「まじない銀杏の木の下で」

2017年11月9日(木)〜12日(日)

@下北沢小劇場B1


11月
09日(木)
10日(金)
11日(土)
12日(日)

14:00
13:30
13:30
19:00
19:00
18:30

※開場は開演の30分前

あらすじ: 深夜のとある神社。藁人形と五寸釘を手にした三人がはちあわせ。アラサー元OLのみゆき、さえない演劇青年トシオ、そして謎の中年男。誰がお参りするか順番をめぐって大喧嘩。「丑の刻まいり」の意味を問い直すその会話はルース・ベネディクト、ご当地キティちゃん、ハーゲンダッツの食べ方性格占い、フレイザーの「金枝篇」へととめどなく脱線していく。「ひとはなぜ自らを魔道に堕としてまでひとを求め続けるのか?」はてしなく横滑りしていく物語のはてに彼らが見たものとは……?あかるく楽しい呪術コメディ。

演劇ユニット銀河工房とは16年間在籍した劇団民藝において「真夜中の太陽」やミュージカルエレジー版「銀河鉄道の恋人たち」を演出した武田壱郎が2016年に同劇団を退団、新たな舞台創造のプラットフォームとして2017年に立ち上げた演劇集団である。幻と消えた「銀河鉄道の恋人たち」の継続公演を目標とするところがユニット名の由来であるが、旗揚げ公演のテーマに選んだのは何故か「呪い」。五寸釘を打つ軽やかな音とともに現代社会で戸惑うアラサー女子、若者たちをかけられた「呪い」から今、解き放つ。"コンコココン……!"

原作読みました。とぼけた会話にばっかじゃないのってケラケラ笑って。


でも読みおえて気付きました。みゆきってあたしだ。(30代女性)




この人が演出した「真夜中の太陽」や「銀河鉄道の恋人たち」観ました。


観終わったらなぜか涙がとまらなくて。あの感動をもう一度あじわえたら……。


って、今度の公演はコメディなの?なんで?(50代女性)




公演は終了しました


時 このあいだの日曜日。深夜2:00
場所 高円寺氷川神社の銀杏の木の下

みゆき:野上絵理


(演劇集団円/円企画)




恋に一途(自称)な



アラサー元OL。
トシオ:岡野大生


(イマジネイション)




20代。



さえない演劇青年。
中年男:児玉安男






謎の中年男。



40〜50歳くらい?

上演時間 1時間40分
上演台本 PDF版で読む カクヨム版で読む

TOPICS




2017年年11月12日:千穐楽!!


後列左から:小野幸一/仲大盛桂子/武田壱郎/高安かおり/ 前列:岡野大生/野上絵理/児玉安男/


演劇ユニット銀河工房第一回公演
「まじない銀杏の木の下で」

11月12日に千穐楽を迎え、公演を終了しました
ご来場下さいました皆様に心より御礼申し上げます

願わくばまた皆様とお会いできますように。
これからも芝居創りに邁進します。

演劇ユニット銀河工房のこれからの活動にご期待ください






2017年年11月11日:劇場より その2

11月11日の昼の部に
宣伝美術を担当した清水好美さん
劇場に来てくれました。

自らデザインしたポスター劇中の小道具
「イマドキ女子のための簡単呪い入門」
一緒に記念撮影。

凝り凝り小道具はこだわりいっぱい。
「まじない銀杏の木の下で」
そんな細かなところにも注目です。

アーティスト:清水好美 http://www.pictstudio.com/443/




2017年年11月11日:劇場より その1




快調にステージを重ねて公演も折り返し後半戦に突入

本日は昼、夜公演の合間に舞台の記録写真撮影したのですが
……悪ノリが止まらない出演者たち。こらこら。
いや、このノリこそ「まじない銀杏の木の下で」という
芝居なのかもしれません _| ̄|○ ←演出家

観劇後TwitterBlog感想をあげてくださる方々が。
こんなに嬉しいことはありません!!
出演者・スタッフ一同何よりの励みになります

アンケートより
初めて舞台を観ました。こんな間近で役者さんの演技を見て、すごい迫力。
とても内容が深く「確かに。」と考えさせられて面白く笑えちゃう劇でした。観に来てよかったです。


おもしろかったです。話がポンポンとぶようで無駄のない構成。舞台美術の色がなさそうである感じの統一感すごくよかったです。今まさに「これあんたにみせたいよ」って人がいまして、いや、わたしにも結構タイムリーな部分がありました。

”のろい”ということのとらえ方が面白かったです。台詞も面白くてテンポもよく。
女優さんがチャーミングでよい時間をありがとうございました。

最初のギシギシした関係がじょじょにとけて行くのが面白かったです。

心の中におしこめられた、言葉にならないが様々な形で表出するものたちの博覧会のようでした。すごいです。ことほぎます。

虫の声、犬の声、音楽がとても効果的。間合いの取り方がうまいなぁ〜。人の心理を突いた台詞がいっぱいで納得する話し方にググっときました。

最後のオチがブラックで面白かったです&みゆきさんの今後を応援したいです。(笑)

3人の世代の差の分け方がとてもうまかったと思いました。かわいいものとしてキティちゃんが使われたのはどの世代にも親しまれているものだからなのかな。終演後もワラ人形がライトアップされているところが好きです。


ありがとうございます!残りステージもあとわずか。
さあ、千秋楽まで張り切ってまいりましょう!!




2017年年11月9日:初日開けました!!

本日19時より開演!!

初日開けました。
ご来場いただいた皆様、ありがとうございます。

これから千穐楽まで全力で駆けぬけます!

チケットのお申し込みは→こちら




2017年年11月7日:稽古終了 いよいよ劇場入り!!



つつじヶ丘での稽古終了
来た時と同じく空っぽになった稽古場を見て
短かったけど集中した稽古を想い感慨深い

いや明日からは劇場だ!

お席まだございます。
ぜひ劇場へおいでください。

チケットのお申し込みは→こちら




2017年年10月18日:稽古場開き!!








10月18日稽古場開き!!

本番まであと三週間
いよいよ今日から連日この場所本格的稽古はじまりました。

つつじが丘本多スタジオ


これからは本番まで全力で奔ります
ご期待ください!


2017年年9月15日:出演者の顔合わせがありました!!

9月15日俳優陣顔合わせがありました。@新宿村スタジオ

ユニットなだけにそれぞれ違う世界活躍してきた三人。
出演者三人はそれぞれこれが初対面です。
なのにとてもそうは思えないなごやかな雰囲気でスタート
自己紹介を交わした後はさっそく本読み
それぞれあたためてきたキャラクターぶつけあいます
白熱!あぁ、稽古開始待ち遠しい

本読みの後は戯曲世界についての雑談に花咲きました。
なにせこの戯曲はアラサーOL日常にまつわる不安とか
演劇青年悲哀!とか、あるあるネタでいっぱい
お喋りに熱中するあまり退館時間を忘れてあたふた
写真は駅までの帰り道、通りすがりのビルのエントランスで
観光客のふりして撮影しました。




2017年年9月10日:チケット販売/チラシ頒布開始しました!!


チケット販売/チラシ頒布開始しました!!

9月10日よりCanfetti演劇ユニット銀河工房特設ページ
正式稼働しました。

TEL 0120-240-540 にて電話受付を開始。
チケットの販売を開始しました。

皆様のお問い合わせ、ご予約をお待ちしております。
詳しくは→こちら






2017年年8月23日:第一回公演のキャスト・スタッフ決定!
演劇ユニット銀河工房第一回公演
「まじない銀杏の木の下で」キャスト・スタッフ決定しました。

キャスト 
野上絵理/岡野大生/児玉安男

スタッフ 
作演出:武田壱郎/装置:鶴岡八朔/
照明:仲大盛桂子/効果:小野幸一・津田昭一/
音楽:高安かおり/宣伝美術:清水好美/
制作:演劇ユニット銀河工房




2017年年7月22日:チラシのイラストが完成しました。





11月公演のチラシのイラスト完成しました。
ひと足早くフライングで公開しちゃいます。

「まじない銀杏の木の下で」の劇中世界を「キモかわいく」表現してほしい
という無茶ぶりにもほどがあるオーダーに存分に応えてくれました。

宣伝美術を担当してくれたのは茅ケ崎出身のアーティスト

清水好美さん。 http://www.pictstudio.com/443/




2017年年7月7日:11月公演上演台本をweb公開しています。
演劇ユニット銀河工房 第一回公演で上演する
「まじない銀杏の木の下で」の上演台本を
KADOKAWA ・はてな による無料小説投稿サイト
「カクヨム」https://kakuyomu.jp/にてweb公開しています。

まじない銀杏の木の下で」 武田壱郎 (カクヨム版)

「まじない銀杏の木の下で」 PDF版 は←こちら をクリック
※Acrobat Reader等PDFビューワが必要です




2017年7月2日:演劇ユニット銀河工房の第一回公演が決定!!
演劇ユニット銀河工房第一回公演が決定しました。

本多グループ系列 下北沢小劇場B1 にて
2017年11月9日(木)〜12日(日) 旗揚げ公演をおこないます。

第一回公演はオリジナル短編戯曲/コメディ
「まじない銀杏の木の下で」 です。

現在鋭意制作進行中!ご期待ください!


inserted by FC2 system